会長挨拶

健康で豊かな国民生活を保健医療福祉情報システムが支えます 

  index_pic_201806.jpg
   
   わが国の65歳以上の人口割合は2025年に30%、2050年には36%達すると見られて
おり、世界に例を見ない速さで高齢化が進行しています。
このような高齢化の進展や疾病構造の変化(生活習慣病の増加)に伴い、「病院完結型医療」から
地域全体で切れ目なく必要な医療を提供する「地域完結型医療」への転換が進んでいます。
今後は、単に治癒や救命延命を目的とした医療から、病気と共存しながらQQL(Quality of Life)
 の維持向上を目指す医療に変わっていきます。
さらに「地域完結型医療」の発展形として、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることがで
きるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が、一体的に提供される「地域包括ケアシステム」
の実現を、国をあげて目指しています。
 
   2017年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」では、Society5.0に向け
た戦略分野において「健康寿命の延伸」が掲げられました。今後目指すべき社会として、ビッグデ
ータ・AIなど技術革新を最大限活用し、最適な健康管理と診療、自立支援に軸足を置いた介護な
ど、「新しい健康・医療・介護システム」が確立されることで健康寿命を更に延伸し、世界に先駆
けて生涯現役社会を実現する将来像が示されています。
また、2017年7月に厚生労働省が公表した「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に
関するデータヘルス改革推進計画・工程表」では、国民が世界最高水準の質の保健医療サービスを
受けられる環境を整備するための「ICTインフラの抜本改革」や「ゲノム解析やAIなどの最先
端技術の医療への導入」の実現化を開始し、2020年度に健康・医療・介護分野のデータを有機
的に連結したICTインフラを本格稼働させる工程表が示されました。これら施策の実現に向けた
新規イノベーションの創出には、相互運用性を担保したヘルスケアICTが非常に重要であり、
これを担う本工業会への期待は益々高まっています。
 
   本工業会は、保健医療福祉情報システムに関する標準化の推進、技術の向上、品質及び安全性の
確保を図ることにより、保健医療福祉情報システム産業の健全な発展と健康で豊かな国民生活の、
維持向上に貢献することを目的に設立されました。本工業会は、今後も各省庁、学会等の関係団体
と連携し、共通基盤整備、標準化の推進など積極的な対応を行ってまいります。ICTを活用した
「健康で安心して暮らせる社会」を実現できるよう、会員一同、一層の努力を積み重ねていく所存
です。
 
   ご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
 
   
                          一般社団法人 保健医療福祉情報システム工業会
                                    会 長  岩本 敏男
   

 

ページトップへ