JAHIS標準16-005

JAHIS生理検査データ交換規約Ver.3.0C


ま え が き

 生理検査とは、血液、尿など被検者から検体を採取し、それを検査機器で分析を行う検体検査とは異なり、生体に装着された電極やセンサーを用いて生体情報を直接検査機器などに取り込み、記録や表示を行う検査のことであり、心電図検査、脳波検査、呼吸機能検査などがある。HL7では心電図の記述など一部の生理検査に対するガイドはみられるが、多くの生理検査データ交換に関しては具体的な仕様が決まっていない。また、例えば心電図検査結果に関しても、そのメッセージ記述には生理学、機器・信号処理、臨床診断に関する知識、経験を必要とし、それらの情報を交換することは容易でない。そのため、そのほとんどは機器メーカや専門メーカによる独自規格で処理されているにすぎなかった。

 生理検査の業務における、いわゆるオーダエントリシステムや電子カルテなどのシステム開発が進むにあたり、生理検査結果の相互利用性の要請が高まり、標準化が必須の状況になった。それらの要請に沿い、保健医療福祉情報システム工業会メッセージ交換委員会(当時、現在は改称し相互運用性委員会)において、HL7 V2.5に基づいて各種生理検査情報交換の規約を作成し、2007年8月にVer.1.0を発行した。その後、2013年4月に各種メッセージの見直しを行い、Ver.2.0を発行した。

 当生理検査データ交換規約Ver.3.0Cでは、昨今のシステム連携事情を鑑み、生理検査結果電文メッセージ等を見直した。また、他規約との整合性を保ちながらデータ交換規約共通編との分冊化を行うとともに、共通編に合わせて文章構成や記載フォーマット等を改訂した。

 今日、地域医療連携などにおいてもメッセージ交換の標準化はますます重要度を増し、実装経験に基づき各分野で交換規約が改訂されている。また心電図や脳波などの医用波形はMFER(Medical waveform Format Encoding Rules:ISO/IS22077-1)に委ねることができ、生理検査情報の取り扱いは容易になり、広く利用が期待できる。

 本規約が医療資源の有効利用、保健医療福祉サービスの連携・向上を目指す医療情報標準化とデータ交換の円滑化に多少とも貢献できれば幸いである。


2016年12月
一般社団法人 保健医療福祉情報システム工業会
医療システム部会 相互運用性委員会


目 次

1.    はじめに.. 1
2.    使用しているHL7 について.. 2
 2.1.     概要... 2
 2.2.     メッセージ... 2
 2.3.     フィールド... 2
 2.4.     メッセージ区切り文字... 2
 2.5.     データ型... 2
3.    主な用語と参照規格.. 3
 3.1.     主な用語... 3
 3.2.     参照する他規格・マスタ... 3
4.    JAHIS標準テーブル.. 4
5.    生理検査データ交換規約の対象範囲.. 5
 5.1.     基本方針... 5
 5.2.     生理検査概要... 5
 5.3.     対象範囲... 7
6.    生理検査依頼・検査結果メッセージ構文.. 10
 6.1.     患者情報通知(ADT/ACK) 10
 6.2.     患者情報照会(QBP/RSP) 11
 6.3.     生理検査依頼(OMG/ORG) 11
 6.4.     生理検査依頼の照会(QBP/RSP) 13
 6.5.     生理検査結果、検査ステータス通知(ORU/ACK) 14
 6.6.     データ保存確認(QBP/RSP) 15
 6.7.     生理検査結果照会(QRY/ORF) 17
7.    関連セグメント.. 19
 7.1.     AL1 - Patient Allergy Information Segment患者アレルギー情報セグメント... 19
 7.2.     ERR - Error Segment エラーセグメント... 19
 7.3.     EVN - Event Type Segment セグメント... 19
 7.4.     MSA - Message Acknowledgment Segment メッセージ応答セグメント... 19
 7.5.     MSH - Message Header Segment メッセージヘッダセグメント... 19
 7.6.     NTE - Notes and Comments Segment 注釈コメントセグメント... 19
 7.7.     OBR - Observation Request Segment 検査要求セグメント... 20
 7.8.     OBX - Observation/Result Segment 検査結果セグメント... 28
 7.9.     ORC - Order Common Segment 共通オーダセグメント... 45
 7.10.   PID - Patient Identification Segment 患者識別セグメント... 63
 7.11.    PV1 - Patient Visit Segment 来院情報セグメント... 63
 7.12.   QAK - Query Acknowledgment Segment 照会応答セグメント... 63
 7.13.   QPD - Query Parameter Definition 照会パラメータ定義... 64
 7.14.   QRD - Query Definition Segment 照会定義セグメント... 66
 7.15.   QRF - Query Filter Segment 問合せフィルタセグメント... 70
 7.16.   RCP - Response Control Parameter Segment応答制御パラメータセグメント... 72
 7.17.   TQ1 - Timing/Quantity タイミング/数量セグメント... 72
付録―1.生理データ交換規約メッセージの例.. 73
 1.各ワークフロー... 73
 2.メッセージ使用例... 74
 3.心電図等の波形情報と検査結果情報の記述... 116
付録―2.作成者名簿    117

 

ページトップへ