議長挨拶

 unei_pic_201806.jpg
 

 医療を取り巻く環境は大きく変化しています。高齢化の進展や疾病構造の変化(生活習慣病の増加)に伴い、「病院完結型医療」から地域全体で切れ目なく必要な医療を提供する「地域完結型医療」への転換が求められています。
 
 2017年6月の「未来投資戦略2017」では、5つの戦略分野が掲げられ、その筆頭に挙がっているのが「健康・医療・介護」になります。健康管理と病気・介護予防、自立支援に軸足を置いた、「新しい健康・医療・介護システム」を構築することが謳われています。また厚生労働省のデータヘルス改革においては、保健医療データプラットフォーム構想などが掲げられており、ネットワーク化やビックデータ活用の観点でヘルスケアICT化がますます推進されるものと思われます。
 
 様々な利用シーンでデータを活用する時代を迎え、個人情報やデータの取り扱いには十分配慮しながら、より高品質な製品と付加価値サービスをお客様に提供し続けられるよう、健康長寿社会の実現に向けてヘルスケアICTを推進、変革していきたいと思います。
 
 JAHISはこれまでも行政や外部機関の様々な検討会に参画しながら、標準類の策定やHELICS指針の採択、厚生労働省標準規格の制定に結びつけてきました。ただ、標準規格は手段であり目的ではありません。単に標準化を推進するだけでなく、その有効性をきちんと評価し、皆が当事者となり改善しながら普及させていきたいと思います。
 
 またJAHISで取り組む領域は、ICTの課題だけでなく社会的課題も多いため、実現にあたっては行政や他団体など関係機関と連携しながら、医療情報標準化の推進、技術の向上、品質及び安全性の確保を図り、国民の保健・医療・福祉に寄与するヘルスケアICTを実現すると共に、業界全体の健全な発展に貢献するよう、事業運営をしていく所存です。
 
 ご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

一般社団法人 保健医療福祉情報システム工業会
運営会議議長 高橋 弘明


*2025ビジョンについては、下記からご参照願います。

お問い合わせは 運営部まで

Tel 03-3506-8010

Fax 03-3506-8070

ページトップへ